yp7

●おもしろいご縁で急遽、駅構内でスプレーアートパフォーマンスを依頼された。

テーマは「横浜をイメージさせる絵」で、15分で特大サイズを2枚。

しかも、学生たちを含めて、観客約100人に観てもらえるように垂直で描くという条件(^_^;)

正直、このパフォーマンスの形はやったことがないが、頭の中で描くとそれは可能だったので引き受けた。

pm1

人前でパフォーマンスをするのは、本当に刺激的だ。

なぜなら、一人でただ描くのではなく、その過程を観られることで緊張感が増し、精神状態がモロに現れるから。

今回は、アシスタントとして2人とぶっつけ本番で2枚描いた。

「垂直で本当に上手くスプレーの液体が乗るだろうか・・・?」

「指示通り、アシスタントさんは動いてくれるだろうか・・・?」

「テクニックは十分に発揮されるだろうか・・・?」

など想いを抱きながらもステージに立った。

pm2

pm3

すると、音が聞こえなくなっていることに気づいた。

無意識の領域、ZONEの状態。

稀に起こるこの状態になると、外部の音はシャットアウトされ、自分を中心に時空間が止まった感じになる。

そして、体も脳も、自動で動いてくれる。

一流のスポーツ選手もよくなる状態のようだが、僕は中学生の頃、剣道の試合ではじめてZONEを体験した。

それが、スプレーアートでも体験できることを心底、幸せだと思う。

pm4

多くの学生さん含め、僕がスプレーアートをやる信念とメッセージを短い間だけど伝えられた。

これから社会に出られる学生さんたちには、心の声を聞いて夢を叶えていただきたい(^^)

パフォーマンスを御覧の皆様、アシスタントさん、スタッフの方々、企業様、ありがとうございます。

まだまだ日々、精進(^^)/

=============================================
●発行者:スプレーアートアーティストYOSHI
●フェイスブックページ:http://yoshi.in/c/fecebooksp/
●スプレーアートアーティストYOSHI公式サイト:http://sprayart.jp/
●日本スプレーアート協会公式サイト:http://sprayart1.info/
●お問い合わせ:http://yoshi.in/c/contact/
=============================================