人は皆、輪廻転生を繰り返し、この世界に生まれている。

過去世で終わらせなかった宿題はもちろん、

今世に課されることになる。

同じく、カルマ(過去世の悪業)も今世に関係している。

●スプレーアートで感動を伝える25才画家YOSHI(よっしー)のオフィシャルブログ 「Life is Art.」●

ビジョンブック第十三章は

「過去世の罪、過去世の罪からの救済方法」が書かれてある。

インド滞在中にカルマの解消を済ませるようと

スケジュールを組んでもらっていたので、

すぐMさんと現地語と英語がペラペラなガイドに

カルマの救済法をアレンジしてもらった。

インド滞在2日目から4日目の3日間で、

4つの寺院での儀式(アビシェーカー)と

雌牛と生まれたばかりの子牛の供養(コ・ダーナ)と

物施(グル・ダーナ)をした。

「カルマの救済法をやった前後には、カルマが解消した現象が起きる」

、と聞いていたが、それが実際に起こった。

なんと、最後の寺院から車でホテルに向かう途中、

インド人の事故で、初めて死人を見た。

バイクと車の衝突らしい。

まるで道路で寝ているかのように血も流さず男性一人が、

死んでいた。

「バイク3人乗りは常識」、

「ヘルメットなしでの運転も常識」、

というインド文化。

しかも、インド人のほとんどが「己の道を行く」B型なので、

サイドミラーなど使っていない。

「そりゃ事故ったら即死だよ」

とつぶやいていたら、隣で

「これがあなたのカルマの解消現象だよ」

と一緒に旅している日本人Mさん。

今まで300人以上の人の“ビジョンブック”を代行して

開いているMさんは、カルマの救済法も代行でやっている。

精神世界は、「時空間は関係ない」ようだ。

しかし、日本人が「偶然」だと思っている現象を、

インド人は「必然」だと思っている。

物質世界の日本と、精神世界のインド。

価値観も風景もすべてが真逆。

カルマの解消を肌で感じた僕は車に揺られながら、

“死”について考えていた。

つづく…

 

<関連記事>

>【インド旅紀行】寺院で女子トイレに入る。

>【動画】インドにある未来予言書を開いてみた。

>【インド旅紀行】未来予言書に出合う。

 

>【インド旅紀行】海外で野たれ死ぬ恐怖。

>【インド旅紀行】行くはずのないホテル。

>【インド旅紀行】チェンナイ空港でタクシーを拾う。

>【インド旅紀行】インド入国。

>インドに行く2つの目的。

>インドで死生を知るために

>インドで人生脚本を読んできた人たち。

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございます!

それでは今日も顔晴って楽しみましょう^^v

——————————–

スプレーアートアーティスト

YOSHI(よっしー)

 ●スプレーアートYOSHI公式ホームページ

 ●スプレーアートムービー

 ●お問い合わせフォーム

——————————-

=============================================
●発行者:スプレーアートアーティストYOSHI
●フェイスブックページ:http://yoshi.in/c/fecebooksp/
●スプレーアートアーティストYOSHI公式サイト:http://sprayart.jp/
●日本スプレーアート協会公式サイト:http://sprayart1.info/
●お問い合わせ:http://yoshi.in/c/contact/
=============================================