3流高校の落ちこぼれが推薦で大学へ逆転合格して毎年テレビ出演するアーティストになった話2


公務員の親から入れられた「カゴの中」

      

 そして、親が公務員ということもあって、一般の家庭よりも規制や教育が厳しいと感じていました。

 思春期には手を出したくなる酒、タバコ、ピアス、頭髪染めはもちろんNGですし、「子どもが迷惑を起こしたら公務員をやっていられなくなる」という世間体を常に意識させられて目立たないようにしていました。

 例えるなら「カゴの中の鳥」のような、縛られた毎日だと感じていたのです。

 だから、自由を得たいと思いました。

 誰にも何も言われない、行動範囲も狭くなく、好きなだけ好きなように制限なく自由に生きたかったのです。

 時間も環境も縛られない、本当の自由を手に入れたいと心底、願いながら朝を迎えていました。

自分にとっての本当の幸せとは?

 高校受験に失敗して第三志望の高校に滑り止め入学した僕は、いつも自分にこう問いかけていました。

「どうすれば自分なりの自由を手に入れられるのだろうか?」

 漠然とした将来の不安を抱えながら、自転車で田舎道を走る毎日でした。

模範生徒になるためのセルフブランディング

つづく……

=============================================
●発行者:スプレーアートアーティストYOSHI
●フェイスブックページ:http://yoshi.in/c/fecebooksp/
●スプレーアートアーティストYOSHI公式サイト:http://sprayart.jp/
●日本スプレーアート協会公式サイト:http://sprayart1.info/
●お問い合わせ:http://yoshi.in/c/contact/
=============================================


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です