[Y]AB型安定思考の両親とB型冒険思考の子ども


久しぶりに両親と妹と東京で寿司食べながら人生について語りまくりました(^^)

公務員的安定思考の両親と、刺激的冒険思考の僕と妹。

真反対なので、すごく盛り上がりましたね(笑)。

この真反対な思考は、人の生き方を8:2に分ける
と同じようになるので詳しく書いていきます。


●リスクなき安定思考の両親

「なぜ、そんなチャレンジ精神が旺盛なの?」

そんな顔で自分の子どもの顔を見る僕の両親は、
完全なる保守的な人種である。


【変わらないことが美徳】

そう思っている固定概念のある生き方が
身についてしまっていると、なかなか新しい
チャンレンジはできないし、思考もストップしてしまう。

この【リスクなき安定思考】のメリットは、
ある程度の固定給を得れることと待遇があることだ。

職業的には、公務員やサラリーマンがそれにあたる。

仕事をしていれば毎月、固定給が入るこの感覚は
慣れると非常に楽だ。一つのことに特化しているなら特に。


この地球には【陰陽の法則】があるため、
メリットがあれば、当然デメリットもある。

【リスクなき安定思考】のデメリットは、
柔軟な思考をすることが苦手になってしまうため
臨機応援に人生をコントロールできないことだ。

【サバイバル能力】と言い換えてもいい。

例えば、突然リストラや事故で職を失ってしまうと
雇われ思考に慣れている脳は、パニックを起こす。

つまり、独立する思考は準備していないので、ない。

【再就職】のために就職活動をするか、
家や車を売って一時的に生活資金を集めること
この2つしか実行できないのが実状だ。

家族がいるとなると、異常なほど責任は課せられ
人生は「家族のために身を削る」ほど大きく変わってくる。


●リスクあり冒険思考の妹と僕

「一度きりの人生、情熱あることに全力で費やして
楽しんだ方がよっぽど充実してるでしょう」

こんな思考が当たり前な妹と僕は、
自己実現欲が非常に強い。

つまり、夢を叶えること、理想を現実化させること、
使命を達成することが最優先事項になる人種。

安定的給料や高級品や家具などは
だいぶ優先順位は下になる。


この【リスクあり冒険思考】のメリットは、
お金で買えない価値を感じれることだ。

そして、誰もが無理だと思うことでも
可能にすることもできる思考パターンでもある。

僕自身、この思考に変化させたことで
普通じゃ有り得ないことを実現化させている。

イメージを現実世界に反映させることは、
まるで魔法使いになったかのようだ。

【覚悟】【信念】【精神】の武器で
どれだけ、理想と現実のギャップを埋めれるか?

ギャップがあるほど、この3つを極限まで
高めて能力を発揮するしかない。


そして、この【リスクあり冒険思考】のデメリットは、
あらゆるリスクを取ることにある。

それが安定的職業だったり、お金や人間関係だったり
趣味だったり、今関連していることを捨てる覚悟。

【何かを得るためには、何かを犠牲にしなければならない】

これの真理を深く理解して、
何を得て、何を犠牲にすればベストなのか
よく考えて実行することだ。


この冒険的思考を持つ人生は、
非常に刺激がある毎日になる。

普段出会わない人に出会ったり、
新しい価値観に驚かされたり、
いつの間にか新しい能力が身に付いたり、
挙げるとキリがないくらい、冒険がある。

職業的には、アーティストや経営者、
個人事業主などにあたる。


●安定と冒険の融合

どちらの世界も経験した僕が今現在言えること。

それは、「冒険的人生の方が100倍価値がある」
という一文に集約される。

人はいつか死ぬ。
ゲームのようにリセットはできない。

だからこそ、過去を振り返って
「あぁ、あの時こうしていればよかった…」
など後悔しても遅いわけだ。

だったら、後悔のない人生を自分で
創りあげていくしかない。

こう考えるなら、どういう生き方が
自分にとってベストなのか自然と見えてくるはずだ。


●PS

人生は結局のところ、二通りしかない。

リスクを取って冒険的な人生を歩むか、
もしくは、リスクは取らず安定的な人生を歩むか。

どっちが良い悪いではなく、
どっちが人生賭けて本気で歩みたい道なのか?ってこと。

僕も妹も、前者の二割の生き方を選択しただけ。

「どうせ生きるなら、誰かに従うのではなく、
本当の自分に従う方が楽しいでしょ?」

そんな冒険的な思考を持つ妹になるなんて
思ってなかったので笑いながらグラスを揺らしていた兄でした。

それでは今日の顔晴りましょう(^^)!

=============================================
●発行者:スプレーアートアーティストYOSHI
●フェイスブックページ:http://yoshi.in/c/fecebooksp/
●スプレーアートアーティストYOSHI公式サイト:http://sprayart.jp/
●日本スプレーアート協会公式サイト:http://sprayart1.info/
●お問い合わせ:http://yoshi.in/c/contact/
=============================================


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です