[Y]メディア出演のメリット・デメリット


08/08/08's Morning sun

【理想が現実化するスピードが速い】と、最近特に感じるYOSHIです(^^)

●メディア出演の光と闇の法則

新聞や雑誌の紙媒体から、テレビというマスメディアまで
多くのメディア情報が存在しています。

そして、多くの夢追い人は、メディア出演をしたいと願います。

それほど、メディアのチカラが大きいということですね。

幼少期からテレビを観る習慣がついた人だと、
食事中やお酒を飲みながら、自然とテレビを観るようになってきます。

一時的に流す【テレビCM】によって、新商品や企業のPRがされ、
それを観た人は消費活動を自然としているわけです。

つまり、テレビという媒体を通して、
【反応して行動されている】ということです。

言ってしまえば、【一時的洗脳】ですね。

以前の記事【出る杭は打たれる、では、鋼の杭になれ】にも書きましたが、テレビ出演しただけで、
出演していない一般人と比べると大きな差が生まれます。

これが大きなメリットであるし、だからこそ、
ブランディングが重要になるわけです。

メディア出演した人は、仕事面で大きな成功を手に入れる
ことはもちろん、人から認められるようになります。

逆説的に言うと、
人間的器(人間力)がある程度ないとメディア出演の依頼がこない
と言い換えられます。

そして、メディア出演したことによるデメリットもあります。

それは、必ず、【批判的な意見をもらう】ことです。

どんな素晴らしいアニメでも、どんな素晴らしいドラマでも
どんな素晴らしいアートでも、どんな素晴らしい人間でも、

10人いたら、1人や2人は嫉妬心から批判的な意見を
出す人がいるということです。

メンタルが虚弱な人がメディア出演なんかすると、
この批判の雨をまともに受けて、挫折してしまいます。

出版業界のベストセラー作家でも、
これに耐えられなくて姿を消した人がいるほどです。

つまり、【光が強く当たれば、闇も濃くなる】ということです。

成功のダークサイドを理解した上で、メディア出演しないと、
自分で自分の首を締めることにつながるので、
メンタル面の強さと将来性を考慮する必要があります。

ちなみに僕は、メンタルを異常に鍛えたので、どんな批判的な意見を
ぶつけられてもビクともしない鋼の精神を持っています。

もはや、嫉妬心からくる批判的な意見を出す人が
【そんなことしても自分の人生が向上するわけないのに可哀想だな】
と心底思うくらいです。

長くなりましたが、これからメディア出演される人の
参考になれば嬉しいです(^^)

●PS

【出る杭は打たれる、では、鋼の杭になれ】
この言葉、大好きです(^^)

それではまた!

=============================================
●発行者:スプレーアートアーティストYOSHI
●フェイスブックページ:http://yoshi.in/c/fecebooksp/
●スプレーアートアーティストYOSHI公式サイト:http://sprayart.jp/
●日本スプレーアート協会公式サイト:http://sprayart1.info/
●お問い合わせ:http://yoshi.in/c/contact/
=============================================


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です